FC2ブログ

記事一覧

私をスキーに連れてって

バブル期に、地元の観光ホテルがノリで作ったような、スキー場がありました。スパイクタイヤが、まだ使えた時代。若かった私は、一人で・・・滑れもしないのにスキー場へ。平日は、ほとんど客がいませんでした。なので、スキーのインストラクターも暇そうで・・・タダで教えてくれたり。インストラクターの話だと、夏場はゴルフ場になるのだとか。「スキーには、なだらか過ぎ。ゴルフには急過ぎる斜面(-_-;)」と言っていました。他...

続きを読む

もっと、つながる。

昨夜テレビで世界のサバイバルな通学路を観ました。学校に行くのも命がけです。見ていて、大人達何やってんだ~と思いました。ようやく、SNSで子供達の通学する様子が広く知られるようになりやっと先生方も、通学路を確認するという・・・こんな場所こそ通信教育もアリなんじゃね?と思いました。学校自体は、キレイで大きな建物です。お金は、多少・・・工面出来るんじゃないかな。将来的にはリアルタイムで、送受信できるシス...

続きを読む

しんどい

「類は友を呼ぶ」。娘の友達は、似たような趣味の方が多いです。中でも絵の上手い友人がいて、彼女は気の合う仲間と集まるため、「会議室」を予約し「ふ女子会」を開くんだそうな(~_~;)自然と盛り上がるそうで全員スーツを着用し、好きなキャラクターをパワーポインターで解説するという・・・(^_^;)ちなみに彼女は、美術系の大学を卒業し就職先もアート関連です。・・・クオリティも高そうです。...

続きを読む

アオアシカツオドリの求愛ダンス

アオアシカツオドリが可愛いです。「世界ふしぎ発見」で、放映されてました。弾丸のように、海に飛び込み(10メートルも!)魚を狩ります。足の青さは、魚に含まれるカロテノイドが足に溜まっているため。なので足が青いければ青いオスほど、狩りが上手=モテる。なんだそうです。テレビに映っていた、2羽の鳥さんは無事、カップルが成立していましたがあれっ、このメス足の色が、すんごく青い!オトコ顔負けです。逆にオスの方...

続きを読む

若冲の百犬図を百猫図だと思ってた

伊藤若冲は、江戸中期の画家ですが作品は現代的だなぁ…と思います。色使いや、表現がスマホの小さな画面にも、マッチするような。実際に展示されているのを見たらすんごいエネルギーを貰えそう。(^_^;)...

続きを読む

私が使っている訳ではない

息子が高校生の頃の、思い出です。部活などで忙しい時に良く、買い物を頼まれました。モチロン代金は、しっかり徴収します。んで、手間は別に良いのですが購入する品々が、何というか・・・「買いづらい(~_~;)」ゲームに登場する、「雷電」はイケメンだしオマケに付いてくる、「仔月光フィギュア」もステキなのですがTSUTAYAの店員さんに、大きな箱を「縦に」置かれた時にはお客様達の視線が、イタかったです。...

続きを読む

めっけ

写真を撮るのが苦手です。なので、もっぱら「見る」専門です。色々な、写真を見ていると映像と一緒に、その場の雰囲気とか撮影してる側のひたむきな感じ・・・も伝わってくるような気が。私自身は、(この一瞬が、残せたらなぁ~)と思う時、サッとスマホすら取り出せず「脳内カメラ(~_~;)」で、とりあえず記憶だけでも・・・と、思うのですがそもそも、記憶力がアヤシイという・・・(-_-;)...

続きを読む

やってみた。

「あるユーチューバーが、広告を切られて(?)辞めた。」という話を、娘から聞きました。個々に原因は違うだろうし・・・「ユーチューバー」自体が、良く解らない私ですが不思議な稼ぎ方のように、思ってました。最初に稼いだ人は、目の付け所が良かったのかな。「ハイリスク」ではないと思いますが・・・こんな事って、あるのかなぁ?私は、動画は「弾いてみた」を見る程度ですがこの方が、また復帰すると良いなぁ~と思いました...

続きを読む

奄美でBライフ・ガジュマルは大木だった。

「幸せを呼ぶ木」ガジュマル。観葉植物・・・インテリアのイメージでした。なので、文通相手から「台風でガジュマルが倒れた。」という、お手紙が届いた時は何ソレ?そうか、大木なんだ~と、改めて認識しました。調べてみると、高さ20メートルまで成長するモノも。他の植物に巻き付き、土台の木を枯らし・・・成長する「絞め殺しの木」の一種とか(~_~;)生命力が強く、選定した枝を挿し木して、増やせるっぽい。文通相手は倒れた...

続きを読む

美女と野獣 ケモナー?

美女と野獣...娘は以前、映画館で観た事があるようで・・・「野獣が王子様に戻った時の、ガッカリ感が半端なかった。」と、言っていました。「もう、野獣に惚れ込んでいるし食器達も可愛くて・・・そのままで良いんじゃね?」だそうです(~_~;)野獣さんは、自己評価が低いようですが王子を超える、カッコよさなんだろうなぁ。...

続きを読む

プロフィール

由花ぼん

Author:由花ぼん
FC2ブログへようこそ!

ランキング参加してます

応援よろしくお願いします。

アクセスカウンター